社長挨拶 | 株式会社 丸中商店【総合食品卸・伊勢市】 伊勢志摩 三重の食材

社長挨拶

この神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の浪の重浪(しきなみ)帰(よ)する国なり。傍国(かたくに)の可怜(うまし)国なり。この国に居(を)らむと欲(おも)ふ
(是神風伊勢國 則常世之浪重浪歸國也 傍國可怜國也 欲居是國)
天照大神が伊勢神宮にお鎮まりくださる際に倭姫命へのご神託が、日本書紀に残されています。
意味は、伊勢は常世の国からの波が何重も寄り来る国であり、辺境ではあるが美しい国なのでこの国に鎮座しよう となります。私たち丸中商店は、かつお節の製造をしていた創業者以来、安心安全で確かな品質の商品をお届けするという想いを大切に、今もなお天照大神のご神託のとおり、風光明媚で豊富な食材に恵まれたここ伊勢志摩で、食に携わる方々の良きフードビジネスサポーターでありたいと六十年あまりの間、努力を重ねてまいりました。
『医食同源』の言葉の通り、良い食生活は健康のもとであり、また美味しいお料理を囲めば、悲しみは癒され楽しみは倍増され、心の栄養になります。
伊勢志摩を訪れる人々、そして伊勢志摩で暮らす人々の食卓での笑顔を思い浮かべ、食材をご提案させて頂くことができるよう、社員一同アンテナを高くし、情報を共有し学びお届けしてまいります。
また、わが三重県には世界に誇れる生産者さんや食品加工業者さんがたくさんおられます。その方々が丹精込めて作られた農・水・畜の産物や加工品とその思いをしかと受け止め、大切にお取扱いさせて頂きたいと存じます。
どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

株式会社丸中商店
代表取締役 中村 佳子


ページトップへ